FXと為替介入の影響

###Site Name###

FXで収益を上げるための手法として、各種のテクニカル指標を用いるということは、ほとんどのトレーダーが実践しているところです。
このようなテクニカル指標としては、ボリンジャーバンド、一目均衡表、ポイントアンドフィギュア、移動平均線、モメンタム、ストキャスティクスなど、さまざまな種類があり、それぞれに一長一短があるため、組み合わせて使用することが多いものです。



こうしたテクニカル指標が使用されるのは、結局のところ、通貨の値動きというのは一定の法則性をもっていることが、経験的に明らかであるからにほかなりませんが、気をつけなければならないのが、FXのテクニカル無視で突然に訪れる各国の為替介入です。

為替介入というのは、たとえばわが国であれば為替相場が円高または円安方向に急激に変動した場合に、経済に対する影響を避けるため、財務大臣の権限において、為替市場における売買を通じて介入することをいいます。

FXサイトが一番おすすめです。

もしも急激な円高が進んだ場合であれば、国が円を売ってドルを買うような介入をして、円安方向に市場を誘導し、円高の流れを断ち切るというものです。

為替介入には事前の通告などはありませんので、市場参加者が油断していたすきに、わずか数分で数円の値幅の値動きが生じてしまう場合があり、まさにFXのトレーダー泣かせといえます。

教えて!gooの検索がとっても楽になりました。

そのいっぽうで、運良く為替介入のときに同一方向のポジションを保有していた場合には、短時間で莫大な利益が得られることもあるわけです。